新着情報
News

  1. ホーム
  2. 新着情報

News
新着情報

【リニューアルプラン】65歳以上シニア割引!

2017年01月13日
【リニューアルプラン】65歳以上シニア割引!

昨年まで提供しておりましたシニア割引プランをリニューアルして再提供いたします。65歳以上のお客様に限り、お電話またはインターネット旅行会社様にてお部屋を格安で提供いたします。お客様の年齢が確認できるも ...

サンクスデー

2016年08月19日
毎月第3火曜日のお得!ランチバイキングが800円です!

お客様の日頃のご愛顧に感謝をこめまして、9月より毎月第3火曜日をサンクスデーとし、ランチバイキング通常1,100円のところを800円といたしました。お客様のお越しを心よりお待ちしております。パルセスイン京都で ...

2016年06月22日
ビーフカツサンド【お持ち帰り可能】

パルセスイン京都 レストラン トレーズに新メニューが登場いたしました。当ホテルのステーキハウス毛利にて提供しておりますステーキ肉を使った「ビーフカツサンド」でございます。    写真を見て分かる通りのボリ ...

2016年04月07日
パルセスイン京都特製 ケーキご予約について。

いつもパルセスイン京都をご利用いただき、誠にありがとうございます。パルセスイン京都 レストラントレーズでは、ケーキの販売も承っております。Chef特製 スフレチーズケーキシュワッとした食感に仕上がっており、 ...

京都アンティークフェア

2018年04月18日
西日本最大級の骨董祭『京都アンティークフェア』

春、初夏、秋と年3回開催される京都アンティークフェア。 以前は京都大骨董祭として親しまれてきたこのイベントは20年以上の歴史があります。全国各地から300店舗以上のディーラーにより選び抜かれた古美術品やアン ...

伏見稲荷

2018年03月19日
伏見稲荷大社『稲荷祭』

稲荷祭は京都の春の風物詩です。稲荷大神が年に一度氏子区域をご巡幸になり、広くご神徳を垂れたまう大社最重要の祭儀です。平安時代から続く大祭です。

醍醐寺の桜

2018年02月13日
秀吉が愛した『花の醍醐』

「花の醍醐」とも言われるように、醍醐寺は桜の名所として有名です。これは太閤豊臣秀吉が晩年、贅を尽くした「醍醐の花見」を行ったことでも知られます。現在も約1,000本の桜が境内を彩る。

桜

2018年01月19日
『伏見桃山城』桜散策

秀吉が築き、家康が建てなおした名城伏見城は3度にわたって築城され、1592年に指月山に築かれたものを指月山伏見城、後に木幡山に再築されたものを木幡山伏見城と呼んで区別され、さらに木幡山伏見城は豊臣期のもの ...

立春朝搾り

2017年12月25日
春の訪れを伝える縁起酒「立春朝搾り」

春を迎える祝い酒「立春朝搾り」立春朝搾りは酒販店と蔵元が加盟する「日本名門酒会」が1998年から始め、今年で21回目。今年は全国43の蔵元が参加します。 年明け2月4日(日)は立春の日。春の始まりを寿ぐ ...

七草

2017年12月18日
御香宮神社『七種神事』

酒どころとして有名な京都・伏見にある御香宮神社。 この境内から「香」の良い水が湧き出たので、清和天皇よりその奇瑞によって「御香宮」の名を賜ったという由来があり、日本の名水百選に選ばれた『御香水( ...

京セライルミネーション

2017年11月01日
「京セラ本社」イルミネーション

朝晩、肌寒くなってきましたね。 皆さん、体調崩されていないでしょうか? 冬の風物詩といえば、イルミネーション!! 京都にもイルミネーションを見れるところが沢山ありますがその中の一つ 『京セラ本社イルミネ ...

醍醐寺

2017年09月12日
『醍醐寺』の紅葉ライトアップ

醍醐山全山を寺域とする京都市内最大の寺院で、真言宗醍醐派の総本山。京都市伏見区に位置し、国宝の金堂、五重塔をはじめ、荘厳な堂宇が建ち並ぶび、世界文化遺産にも登録されています。 醍醐寺と言えば桜の名所と ...

嵐山竹林の道

2017年08月15日
心と体を癒すー京都嵐山の『竹林の道』

竹林の道(ちくりんのみち)は、大河内山荘から野宮神社の間を約200メートルにわたって続く風情のある小道です。両脇に竹林が広がる散策道で、神秘的な雰囲気と風情で、京都嵐山の代表的な観光名所のひとつで人気の ...

御香宮神社

2017年07月31日
京都の秋の風物詩『御香宮神能2017』

酒どころとして有名な京都・伏見にある御香宮神社。 この境内から「香」の良い水が湧き出たので、清和天皇よりその奇瑞によって「御香宮」の名を賜ったという由来があり、日本の名水百選に選ばれた『御香水(ごこう ...

1 / 712345...最後 »